“教育改革2020”とは?小学校でのプログラミング教育って何するの?

“教育改革2020”や、2020年から小学校でプログラミング教育が始まることは、ご存知の方も多いように思う。しかし、詳細となると、私も含めて「?」になる方が多いのでは。

ここでは、『新しい学習指導要領の考え方 / 文部科学省』 を参考に引用しつつまとめてみる。

大きな誤解だが、 コーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることがプログラミング教育ではない。「プログラミング的思考」などを育成することが目的。

“教育改革2020”のポイント

大きいところでは、学習指導要領の改訂大学入試改革だ。本記事では学習指導要領の改訂にフォーカスしたい。新学習指導要領は幼稚園、小学校、中学校、高等学校と順次導入されていく。

学習指導要領改訂の背景

近年、知識・情報・技術をめぐる変化の早さが加速度的となり、情報化やグローバル化といった社会的変化が、人間の予測を超えて進展している。

AI(人工知能)がいかに進化しようとも、人間は、感性を豊かに働かせながら、どのような未来を創っていくのか、どのように社会や人生をよりよいものにしていくのかという目的を自ら考え出すことができる。

人間の強みを育むために学習指導要領が改訂された

人間の強みとは、(複雑な環境の中でも、)場面や状況を理解して自ら目的を設定し、その目的に応じて必要な情報を見いだし、情報を基に深く理解して自分の考えをまとめたり、相手にふさわしい表現を工夫したり、答えのない課題に対して、多様な他者と協働しながら目的に応じた納得解を見いだしたりすることができる

こういった人間の強みを育くむために学習指導要領が改訂されたと言える。
子供たち一人一人が、予測できない変化に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となっていけるようにすることが重要。

①何ができるようになるか
学びを人生や社会に生かそうとする学びに向かう力・人間性等を養い育てる、未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力等の育成

②どのように学ぶか
主体的・対話的で深い学び(「アクティブ・ラーニング」)の視点からの学習過程の改善

③何を学ぶか
小学校の外国語教育の教科化など。「プログラミング的思考」の育成。学習内容の削減は行わない。

①何ができるようになるか-育成を目指す資質・能力-

個別の事実的な知識ではなく、相互に関連付けられ、社会の中で生きて働く知識を目指している。
例えば、“何年にこうした出来事が起きた”という歴史上の事実的な知識は、“その出来事はなぜ起こったのか”や“その出来事がどのような影響を及ぼしたのか”を追究する学習の過程を通じて、当時の社会や現代に持つ意味などを含め、知識相互がつながり関連付けられながら習得されていく。

②どのように学ぶか-主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニングの視点からの授業改善)-

アクティブ・ラーニングが一つのキーワードとなっている。誤解を恐れずいうと、従来の座学で話を聞く受け身の授業から、アメリカなどに見られる主体的で対話を重視した授業形態。
子どもたちが主体的に考え、対話し学びを深めていくこと。

主体的・対話的で深い学びの実現(「アクティブ・ラーニング」の視点からの授業改善)について

主体的な学びの例】

学ぶことに興味や関心を持ち、毎時間、見通しを持って粘り強く取り組むとともに、自らの学習をまとめ振り返り、次の学習につなげる

対話的な学びの例】

  • 実社会で働く人々が連携・協働して社会に見られる課題を解決している姿を調べたり、実社会の人々の話を聞いたりすることで自らの考えを広める
  • あらかじめ個人で考えたことを、意見交換したり、議論したり、することで新たな考え方に気が付いたり、自分の考えをより妥当なものとしたりする
  • 子供同士の対話に加え、子供と教員、子供と地域の人、本を通して本の作者などとの対話を図る

【深い学びの例】

  • 事象の中から自ら問いを見いだし、課題の追究、課題の解決を行う探究の過程に取り組む
  • 精査した情報を基に自分の考えを形成したり、目的や場面、状況等に応じて伝え合ったり、考えを伝え合うことを通して集団としての考えを形成したりしていく
  • 感性を働かせて、思いや考えを基に、豊かに意味や価値を創造していく「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業改善を行うことで、学校教育における質の高い学びを実現し、学習内容を深く理解し、資質・能力を身に付け、生涯にわたって能動的(アクティブ)に学び続けるようにすること

③何を学ぶか-具体的な教育内容の改善・充実-

小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について

小学校段階におけるプログラミング教育については、コーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることがプログラミング教育の目的であるとするのは誤解

プログラミング教育の必要性の背景 プログラミング教育とは

子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育成するもの。

プログラミング的思考とは自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力。

小学校段階におけるプログラミング教育の実施例

総合的な学習の時間自分の暮らしとプログラミングとの関係を考え、そのよさに気付く学び
理科電気製品にはプログラムが活用され条件に応じて動作していることに気付く学び
算数図の作成において、プログラミング的思考と数学的な思考の関係やよさに気付く学び
音楽創作用のICTツールを活用しながら、音の長さや高さの組合せなどを試行錯誤し、音楽をつくる学び
図画工作表現しているものを、プログラミングを通じて動かすことにより、新たな発想や構想を生み出す学び
特別活動クラブ活動において実施

Tech Kids Schoolでは、プログラミング言語やスキルを身につけることだけが目的ではなく、テクノロジーを武器として、自らのアイデアを実現し、社会に能動的に働きかけることができる人を育てている。「サイバーエージェント」が運営。 プログラミングの学習だけでなく、自分のアイデアや成果物を他の人に発表するプレゼンテーションの機会も定期的に設けられている。

 

Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education/資料請求はこちら

レゴ(R)ブロックを使ったプログラミングを素材とし、未来を担う子どもたちに必要な新しい学びを提供する【Z会プログラミング講座】。まずは資料請求!

 

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ

能力開発系の人気コンテンツ ・パズル ・ロボット ・プログラミング が全部学べる、低学年向けの教室!ロボットやプログラミングに興味が湧いたら、高学年向けの教室である「エジソンアカデミー」での継続も可能

 

プログラミング教室なら、エジソンアカデミー

「アーテックエジソンアカデミー」は学校教材メーカーのアーテックが長年教育現場で培ったノウハウを活かし開発したロボット教材と、MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子供向け教育用ソフト「スクラッチ」をベースにロボット用に改良したプログラミング環境を使った、他社では真似できないオリジナルのカリキュラムでプログラミングを楽しく学べるスクールだ。

 

10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル」

世界80カ国以上の教育機関で採用される世界標準の教材で、多くの子どもが幼い頃から慣れ親しんでいるレゴ(R) ブロックと自由にプログラミングができるデジタル技術が融合した教材だ。

 

IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】

2019年6月には立川、7月には押上、吉祥寺に教室がオープンし、無料体験授業を積極的に受け付け中!

 

マインクラフトが学びに変わる!?楽しく学ぶ!【D-SCHOOLオンライン】

ご自宅で、映像で、安価に学べる新感覚の小中学生向けオンラインコースです。子供達に絶大な人気を誇るマインクラフトをはじめ、英語&プログラミング、ロボットプログラミングの各コースを展開中!

 

「ロボット教室」体験授業受付中

【ロボット教室の特徴】
1.監修者:高橋智隆先生
教材ロボットの設計者は、ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」、世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)の開発者です。
2.年に数回の楽しいイベントで理科や科学への関心や興味を高めます。
3.4つのコースでレベルアップしながらもっとやりたい!という好奇心を育てます。
4.理数系の基礎力をつける。ドリルでは学べない「空間認識能力」を育みます。
5.オリジナルブロック+ワークで専門的な内容も体系的に無理なく学ぶ。