スポンサーリンク

WordPress の PHP アップデート(バージョンアップ,更新)方法【MixHost 2020年版】

5月 17, 2020

スポンサーリンク

WordPress で記事を書こうとしたら、「PHPを最新版に上げてください」的な文言が。そこで、wordpress.org(日本語版) を参考にPHPを最新版 7.3 へアップデートした。

アップデート事態はとても簡単だった。当方のレンタルサーバは現状 mixhost なので、それを例に紹介する。

MixHost 以外のレンタルサーバについても、GitHub の「Hosting-specific Tutorials (Japanese)」にリンクが貼られているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

なぜPHPのバージョンアップが重要か

不要な方は飛ばしてください。

wordpress.org(日本語版) に載っているので、詳しくはそちらを参照のこと。以下に抜粋。

Web サイトがより速くなる。最新の対応バージョン (現在は7.3) にすると、以前のバージョンに比べてパフォーマンスが最大で3倍〜4倍向上。
Web サイトがより安全になる。PHP は非常に人気があるためハッカーの標的となる。PHP のアップデートは WordPress サイトの安全性にとって非常に重要。

上記の利点により、以下の副次的な恩恵が受けられる。
速いサイトは検索エンジンに高く評価される。したがって検索ランクが上がる。
速いサイトは訪問者の滞在時間が長くなる。訪問者は読み込みに長い時間がかかれば離脱する。
・ハッカーに対してより安全。サイトがハッキングされれば対応コストがかかり、サイトの評判も下がる。

事前準備

サイトのバックアップを作成する

今回、 “UpdraftPlus – Backup/Restore" というプラグインをインストールしてバックアップを取った。

wordpress.org(日本語版) によると、事前準備として他に以下の項目があった。互換性のチェックはやっておいた方が安全なのだろうが、7.2 から 7.3 への更新だったこともあり、私は行わなかった。

  • WordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデートする
  • PHP の互換性をチェックする
  • PHP 互換性の問題を修正する

ちなみに、当方ではWordPress本体とプラグインは最新版だったが、使用テーマは最新版ではない状態だった。

PHPのアップデート手順

では、実際に見ていきましょう。

 

MixHost のマイページにログイン

mixhost マイページ
mixhost マイページ

cPanel にログイン

cPanelにログイン
cPanelにログイン

MultiPHPマネージャーを選択

MultiPHPマネージャー 選択
MultiPHPマネージャー 選択

PHPバージョンを設定する

PHPバージョンを設定
PHPバージョンを設定

成功すると、以下のようなメッセージが表示される。

 PHPバージョン設定成功
PHPバージョン設定成功

以上です。

広告

無料体験に参加するだけでも何かを得られるかもしれない。
何かを変えたければ一歩を踏み出してみよう。

どこよりも高い「継続率」「修了率」「卒業率」の【WebCamp】
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ