スポンサーリンク

WordPress リビジョン保存の無効化:wp-config.phpを修正

5月 18, 2020

スポンサーリンク

WordPressのリビジョン保存がとても鬱陶しいので、無効にした。私がやったことのメモ。ポイントは、wp-config.phpを修正することだ。

WordPress
WordPress

詳細は↓WordPress Codex に分かりやすい説明がありますね、ありがたいことです:

操作を失敗すると、WordPressが開かなくなります。自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

wp-config.php のバックアップを取る

私はftpソフト等使っていないので、この記事を書いた時は ftp ソフトはまだインストールしていなかったので、とりあえず、サーバー(mixhost)の提供するcPanelからファイルマネージャーで行う。

場所:

WordPress のファイルディレクトリのルート直下にある。

蛇足: wp-config.php  がルート直下にない場合は

wp-config.php ファイルはダウンロード直後の WordPress には含まれません。WordPress をセットアップする過程で入力された情報をもとに wp-config.php ファイルが作られます。

とのことなので、もしかしたら、ルート直下にファイルが無いかも。一応、手動でも作成できる模様です↓

wp-config.php ファイルは手動でも作成できます。インストールディレクトリのルートにあるサンプルファイル「wp-config-sample.php」を編集し、wp-config.phpとして保存してください。

wp-config.php を編集

define(“WP_POST_REVISIONS", false);
の一行を
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php’);
の前に記述。

 以上です。

 

広告

無料体験に参加するだけでも何かを得られるかもしれない。
何かを変えたければ一歩を踏み出してみよう。

どこよりも高い「継続率」「修了率」「卒業率」の【WebCamp】
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ